Pathの個人情報無断収集に思ったこと

   2012/02/11

貯まったポイントカードの利用で署名をお願いしたら「嫌!個人情報保護法知らないの!?」と切れられた事がある販売員、ugoismです。

最近「個人情報ほにゃらら」とかのニュースが多いですね。
直近だと、これとか。

ソーシャルサービスPathがユーザーに無断で連絡先データを収集 – ITmedia ニュース

無断は良くないですよね。無断は。
プライバシーや個人情報というと、当然取り扱う側は敏感になるべきと思います。
特にこの件に関しては、名前や連絡先まとめてって事なのでかなり問題だと思います。
完全に個人が特定できる情報なわけですし。

※以下、法律云々ではなくあくまで個人的な意見であることをあらかじめご了承ください

何が問題なの

今回のPathの件は、情報を勝手に収集していたってのが問題なわけですが
個人情報を収集する上で重要なのは「目的」「手段」「取扱い」だと思います。

情報収集することを事前に告知し、その目的を明確にし、それに同意した人に対しサービスを提供。
そして収集した情報は厳重に保護し、目的以外には一切使用しない。
それだけやってくれれば個人的には全く無問題です。
当然、そのサービスが魅力的だと感じたならばの話ですが。

「このサービスに使うんでアドレス帳覗きますよ」って言われて
「覗かれるに値するサービスで信頼できる」というなら使えばいいし
「そんなサービスいらない」「覗かれるのは嫌だ」と思うなら使わなければいいだけだし。

望むこと

多種多様なサービスが次から次へと生まれ、どんどん便利になっていきます。
そんな中、サービス提供側には法律や(今回に関しては)appleの規約に加え
ユーザーの心情などを踏まえた適切な対処をお願いしたいですね。

また、ユーザー側も利便性とリスクや信頼度など、サービス対して十分な吟味・検討が必要だと思います。
慎重にサービスを取捨選択し、より生活を安全に便利に過ごせるようになるといいですね。

Posted from するぷろ for iPhone.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。