[レビュー]iPadケース : belkin「トライフォールド フォリオ」

   2012/08/19

家の中では常にiPad片手に歩き回っていますugoismです。
結構前に購入して使っていたフラップタイプのiPadケース
belkin「トライフォールド フォリオ」のレビューをお届けします!

トライフォールド フォリオ

トライフォールド フォリオはフラップをゴムバンドで綴じる、ノート的なタイプです。

表面はこんな感じ。(背景からすごい冬を感じるw)

さらさらとした優しい肌触りでシンプルなデザイン。
右下にはブランドマークが印刷されています。

裏側。フラップはゴムバンドで固定することができます。

フラップは折りたたんでスタンドとして使えます。
動画鑑賞スタイル、キーボード入力スタイルが可能で
この辺はApple純正のスマートカバーと同じ感じですね!

裏側はスウェードぽくなっていて、画面をキレイに保てます。
iPad本体は四つ角を固定する感じです。かなりガッシリ。

サイド。
スイッチ類への干渉はありません。

ドック側。
こちらも大きく空いておりそのまま充電や同期が可能です。

ゴムバンドを外してiPadさんこんにちは。

で、このケースのウリなのが「オートスリープ&解除」機能。
マグネット内臓で、フラップを閉じると自動でスリープ&開くと解除。
これも純正スマートカバーと同じ機能ですがやっぱり便利ですね。

しかし問題点もそこにあったり…。

実は、これ位ズレがあるとスリープになりません。

これ位ちゃんと閉じればオーケー。

気をつけないとバッグの中でずれて解除されてしまうこともあるかも…。

さらにもう一つ気をつけないといけないことがあります。
それは「保護フィルムが剥がれる恐れがある」こと。

挟む力が結構強い為、フィルムとの相性が悪いとこんな感じで浮いてしまうのです。

別角度。フィルムが浮いてるわかりますかね?

自分はこれで使うのをやめてしまいました…。
ノンフィルム派の人やフィルムとの相性が良ければ平気かもしれませんね。

まとめ

GOOD

全体を保護するケースとしてはお手頃価格。
シンプルデザイン&別カラーはカラフルでまた違う魅力。
ガッチリホールドしてくれる安心感。
心地良い手触り。

BAD

スリープがうまくいかないことがある。
フィルムが剥がれる恐れがある。

こんなところでしょうか。
気になる場合はAppBank Storeなどで直接触れてみることをオススメします!

以上、ugoismでした!

Posted from するぷろ for iPhone.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。